「 独り言 」一覧

降着関連で色々あったね、という話

まだ6月に入ってませんが、制裁における上半期最大のテーマは審議・降着問題だったと思います。

昨年は1件だけだった降着が、今年は5月終了時点で3件、さらに皐月賞の審議だったりケンタッキーダービーの降着だったりと様々な話題が飛んできました。
基本的にはこれまでの降着基準を踏襲するもので、現在の問題を再確認できるような事象でしたが、その辺を振り返りつつまとめる感じのエントリーです。
なお、youtube動画と内容に大差はありません。

続きを読む



内ラチ1頭分ルールについて

事象の短評で「所謂、内ラチ1頭分ルール」なんて言葉が時々出てくる。
こちらで勝手に作った造語なので現場レベルでどう呼ばれているのか分からないが、制裁において内ラチ1頭分のスペースは特殊な扱いがなされている。
という事でGWの暇潰し向けに、このルールに関するちょっとした解説を。

続きを読む


「競馬の天才」のコラムで思うこと

水上学の口アングリーってあったじゃないですか。
読んでる側の口があんぐりするやつ。
出版社側に色々あって、編集部が丸々移籍して雑誌の名前が変わったものの、内容はそのまま。
クオリティーもそのまま
その連載に対する何かが沸点に達したが故のエントリー。

続きを読む



新馬戦の除外多すぎ、3歳条件戦の頭数少ない問題

競走馬の需給問題に関しての小ネタ。
裏でも良いぐらいの軽い内容だけど、一応表で。
クラシックを意識する距離の500万下は昔から少頭数となるものだが、今年は輪をかけて出走頭数が少なく、昨年から15%ほど出走回数が減少している。
その理由を薄っぺらく考察してみました。

続きを読む




将来トレセンの25%が廃業する事になる(かもしれない)という話

元々はスリーアウト制の話を動画化するという作業から始まったんですけどね。
ここらで一つ、具体的なボリュームを出してやろうという所から、こんなエントリーになりました。
動画の内容からは少しシンプルにしています。
この話をどう捉えるかは読んだ貴方次第。

そうそう、以前のエントリーでは競馬ふぁんさんに取り上げていただきました。
お礼を述べつつ、他のブロガーもああだこうだ突いていいのよ。

続きを読む