「 独り言 」一覧




JRAのスリーアウト法導入についての一考察

先日JRAから発表された「2019年度競馬番組等について」の中で、未勝利戦の出走制限についての改正が、以下のように発表されました。

[2]3走成績による平地競走の出走制限について

より能力の拮抗した馬による競走を提供する等の観点から、3歳以上の未出走馬および未勝利馬が、新馬競走を除いた平地競走において3走連続して9着以下であった場合、2ヵ月間平地競走に出走できないことといたします

俺の案がパクられた!

というのは冗談であるが、6月のエントリーで書いた優先出走順位改革案に極めて近い内容であったのは正直驚いた。
ここではJRAがこの制度を導入する狙いと有効性、そして及ぼす影響を考察していこうと思う。

続きを読む



柴田大知騎手が4日間停止となった理由を考える会

JRAの採決は世間が言うほど適当な判定をしていないよ。
むしろ頭が硬すぎるほど一定の基準をもって制裁を課しているよ。

これは私が繰り返し主張していることです。
逆に言えば、イレギュラーな制裁があれば目立つという事でもあります。
そして一見イレギュラーな事象でも、分解して見直してみれば賛同できるか否かは置いといてJRAの主張は見えてきます。
6日のモレイラはその典型例。
でも、今回の大知が騎乗停止4日間制裁になった理由は本当にわからない。
このエントリーでは、その理由を考えてみます。

なお、結論は「分かりません」です
それではどうぞ。

続きを読む


モレイラ@ヘリファルテが騎乗停止となった理由の考察

10月6日東京9R本栖湖特別でJ.モレイラ騎手が決勝線手前の斜行で実効2日間の騎乗停止制裁を受けました。
中継ではそこまで深刻な事象には見えず、F1とJリーグとラグビーの浮気から時間を置いて戻ってきたら騎乗停止と聞いて驚き。
そしてパトロールを見ても、一見は騎乗停止に見えない事に少し戸惑う。
でも、何度か映像を見直すと何となく理由が見えてきた。
このエントリーでは、この事象が騎乗停止に相当するのが妥当なのか考えてみよう。

続きを読む



オーストラリアのムチ制裁事情

オーストラリアから短期免許で参戦中のB.アヴドゥラ騎手が参戦初週からムチの過剰使用による制裁を受けました。
そういえば、4ヶ月のオーストラリア修行から帰国した小崎騎手も、修行前は3年で2度しか受けていなかったムチ制裁が、帰国後は半年で3回と急増。
オーストラリアは日本よりムチ制裁の基準が厳しいはず・・・というのは思い込みだったのか。
この機会に少し調べたらそのものズバリな論文があったので、日本の状況と比較をしながら見てみましょう。

続きを読む