春風亭一之輔が好きだ

春風亭一之輔が好きだ

笑点の新メンバーが本命に見せかけた大穴決着に。

女性の蝶花楼桃花か円楽一門から掘り出してくるかと思っていたので、当代一の噺家に声を掛けて据えるのは、逆に予想外でしたなぁ。
桂宮治は上手いこと掘り出してきた感があったので、さらに発掘路線で行くかと思っていたんですがそうではなかったと。
テレビ業界そのものが小さくなる中で、笑点もテコ入れが必要って事なんでしょうね。
いや、落語界もコロナ前まで戻りきれてないので、アイコンが顔を広める必要もあるか。
寄席で見れる機会は減ってしまうかもしれませんが、寄席そのものが無くなるのは御免ですからね。

GOATが好きだ

GOATが好きだ

さらばショーン・ペイトン。

数々のトロフィーを残して休養からそのまま次の旅へ向かってもいいのに、置き土産まで残してくれました。
惜しむらくは、残ってるフロントがこれを活かせそうにないぐらいです

で、GOATが今度こそ引退。
前回の引退は戻ってくる顔をしているという、プロレスファンの直感通りの結果となりましたが、今回はスッキリしててこのまま花道を抜けそう。
米4大スポーツからNFLが一気に突き抜けたのは、この人と兄マニングというアイコンのおかげというのは大げさではないかと思います。
アイコンがいると自分のような新規で見始める層にもわかりやすいのよね。
単純にスゲェと評判のやつがスゲェピンポイントで通し続けるだけで面白いという。
最近は走れるQBが全盛の時代ですが、やっぱりポケットパサーが見てて気持ちいいんだよなぁ。

ヤクルト1000が好きだ

ヤクルト1000が好きだ

いい加減ブームは去ったと思うんですが、駅の自販機は高確率で売切ランプ。
ヤクルト自販機を使ってる人間なんて生涯見たことないんですが、それなりの人が買い続けているらしい。
会社内でも飲んでる人がいるので効果を聞いてみたら「効いている気がする」という玉虫色回答。
で、昨日の帰りに自販機を見たらランプ消灯状態だったので購入。
先人の飲み方を踏襲して就寝前に飲んで寝て起床。

ふむ。
効いている気がする。

毎朝30分は布団の中でまどろむんですが、妙に寝覚めがなんとなく良い。
眠眠打破みたいに「効いてる~、眠いのに眠れね~」なんて事は無いんですが、確かになんとなく良い。
150円でこれなら、なるほど継続する人もそれなりにいるのも納得。

スーパーボウルが好きだ

スーパーボウルが好きだ

よっしゃ見るべ
とDAZNで追っかけ再生したら1時間足らずでパーディーが終了。
1年で3人も先発QBが離脱するって記憶に無いなぁ。

って事で、スーパーボウルはハイパーO#チーフス vs ハイパーD#イーグルス。
シーズン1位通過同士の対決ですか。
「強力なO#はファンを呼び、強力なD#はリングを呼ぶ」という格言がありますが、ブックメーカーも若干イーグルス有利な模様。
ってか、イーグルスのD#やばすぎる。
2桁サック4人にチーム計70サックって意味が分からん。
膝の負傷を抱えるマホームズが、四方八方から飛んでくるパスラッシュを避けきれるとは思えず・・・。

それでもマホームズなら、マホームズなら何とかしてくれる。
と思わせるのがスーパーQBたる所なんですが、果てさてどうなるか。
正直、虐殺ショーも覚悟してるんですが、ゆるりと待ちたいと思います。

ディレイラーが好きだ

ディレイラーが好きだ

強風だった訳ですよ。
休憩所で倒れたわけですよ。
ちょっとハンガーが歪んで見えてやっちまったと思ったんですが、問題なく乗れたんですよ。
で、坂下で変速した瞬間「バキガチャゴン」となりまして、ディレイラーぶっ壊れ。
泣きながら20キロ蹴り漕ぎ。
追い風だったのが救いでしたが、久しぶりに変な疲れを抱えております。

JJワットが好きだ

JJワットが好きだ

自分が見てきた中で、最強の類人猿がこの人。
NFLの屈強なラインマンが2人がかりで必死で止めようとするのを突き破る全盛期の無茶苦茶っぷりね。
ラオウは実在するのか、という驚きの人でしたよ。

なんか子供の頭が異様にデカくね?
20年後が今から楽しみになんで、頑張って生きていきましょう。

落語協会が好きだ

落語協会が好きだ

黒円楽が死んでから、表立った動きが随分と目立つようになってるなぁと。

好意的に見れば、落協と円楽一門交流の先駆け。
穿って見れば、芸協ばかりに円楽一門は使わせない、という小朝の政治的動き

まぁ、変にどちらか一方に吸収されるより、遊軍として相互に使うというのが現実的な落とし所になっていくんですかね。
個人的には、定席で兼好が見れればそれだけでOKではあるんですが。

ブリスコ・ブラザーズが好きだ

ブリスコ・ブラザーズが好きだ

米インディー界、最後の大物という言葉がピッタリなレスラーだったなぁ。

個人的にはヤング・バックスのような洗練されたタッグより、雑を絵に書いたようなブリスコブラザーズの方が好きでした。
AEWで大暴れでひと稼ぎするはずだったのになぁ。
新日本だと思ったより跳ねなかったのは何でだろうと思う所ではあるのですが、引き出せるレスラーがいなかったのかなぁ。
ランス・アーチャーも評価されるまで時間がかかったのを考えると、あながち外れてないような気もしますが。

WWEが好きだ

WWEが好きだ

スキャンダルで引いたはずのビンスが復帰という年明けから大嵐が吹き荒れるWWE。

個人的には、なんとなく既視感がある流れ。
名目上は一線から引いてるのに、株持ってる猪木が現場介入を繰り返してた時代が頭を過って仕方がない。
せっかくHHHさんが仕切るようになって視聴数の低下が止まったのに、ビンスが朝令暮改を繰り返してリングも視聴者もわけわからん事になりかねんなと戦々恐々。早速ステフも辞めちゃったし。
まぁ、普通に考えれば団体売却の最終段階に入ったって考えるのが自然なんでしょうけど、ビンスだからなぁ。
晩節を汚してナンボな人になりそうな気もするのよね。

生涯現役が好きだ

生涯現役が好きだ

ちょっと前から時々書いている御老体システムの埋葬作業
撤収する上で隅々まで使用を把握している人が必要ということで、2年前に定年退職した御老体達人に助けを求めて来て頂いてるんですが、キレがなかなか戻って来ず。
ジュビロのサポという趣味はあっても、意外とあっさり老いてましたねぇ。
1ヶ月ぐらいで戻りましたけど、勘が戻らないというより呆けてるというか。

死ぬまで叩くのはご勘弁、ある程度カネを稼いだらとっととリタイアして余生に入る、というのは誰しも考える所で、自分もそれ系の考えを持ってたんですが。
なんか、それが正解とは限らん気もしてきましたなぁ。
うまいこと世間様にご奉仕する感覚は持ち続けないといけないのかもしれませぬ。