谷原義明が好きだ

谷原義明が好きだ

廃業するする言われて十数年。
しぶとく粘って粘って定年までたどり着きました。
90年の開業から年間10勝超えは8回だけ。
厩舎制度改革の荒波に飲まれて廃業する美浦厩舎が出てくる中、成績だけでなく騎手をぶん殴って制裁沙汰になるにも関わらず馬余りの時代まで持ちこたえてよく生き残ったものです。

へっぽこ厩舎の常としてピークが続かないこと然り。
オーゴンサンデーはアイルランドTの勝ちっぷりと時計が忘れられず、京王杯と府中牝馬と東京新聞杯で裏切られたのを思い出しました。
でも、サニーサンデーは中山記念とダービー卿だけで見切ったので人というのは成長するものですね

管理馬一覧で見ると意外と走りの覚えている馬も多く、ユーフォリアとかサニーヘイローとか何回か追いかけて買った記憶があるなぁ。報われなかったけど
いい勝ちっぷりを見せた馬が崩れるのは、単純に故障するケースと変なローテと仕上げで凡走を繰り返すケースに分かれるが、馬券的に質が悪いのは後者という事を改めて確認した次第。

なんか扱き下ろすような文章になってしまいましたが、後藤の霊がキーボードを叩かせている影響かと思われます。

沖芳夫が好きだ

沖芳夫が好きだ

月にかわって沖芳夫

ますざぶで好きなネタトップテンに必ず入る沖先生も今年で引退。
一般的にはトップロードと渡辺薫彦のの人で自分もそのイメージ以外の記憶がない。
管理馬を見るとエリモシックもここだったのね。
どちらも何か惜しい馬だったのは偶然だったのだろうか。

そして、真面目そうで弟子思いで・・・その後が続かない。
後年は派手な活躍こそしていないが、ほぼ毎年2桁はキープしており調教師として十分な成績を残している・・・やっぱり、この後の言葉が続かない。
そんな地味な人だからこそ、クソダジャレに使われると映える訳で記憶に残るのだと思います。
なんなんだその締めは。

伊藤正徳が好きだ

伊藤正徳が好きだ

尾形藤吉の弟子にしてダービージョッキーであり、調教師としても成功。弟子の後藤とは色々あったけど、結果的に大きく育てて仲直りして、でも最後はあんなことに。

という事は置いといて。

騎手時代の事は分からないので、語れるのはダンディーな調教師としての部分だけ。
カッコいい白髪って憧れるよね。

現在は安田隆行が全部短距離馬に仕上げる調教師として有名になったが、伊藤正は全部マイラーに仕上げてしまう調教師。
管理馬の一覧を眺めているが、イメージ以上に短中距離馬ばかり。
その筆頭格はエアジハードであるが、エアデジャヴーもローエングリンもツクバシンフォニーも仕上がった結果は全部中距離寄りのマイラー。
平地重賞21勝中19勝が芝1600~2200という怒涛の偏りっぷり。
ステイヤーっぽいネヴァブションも2200のアメリカJCC2勝(と日経賞)。
クラシックに乗ったはずのディヴァインライトも、距離がどんどん短くなって最後はスプリント寄りのマイラーに。
マイラーが育つのかマイラーしか開花しないのかはわからないがとにかくマイル中距離。

そしてもう一つのイメージがクラシックと縁のない、というか運が無かった。
エアジハードはゲート再試験で皐月賞を跳ねられるし、エアシェイディはクラシック前にポッキリ骨折。ローエングリンも皐月賞抽選除外、周った若草Sで賞金稼いでダービーは出れるだろうと思ったら3/4抽選で貫禄の抽選除外。
順当に使えたら使えたで、エアデジャヴーのようにとことん引き立て役。

冷静に振り返るとGⅠ馬はエアジハードだけで、あと一枚足りなかった馬の名前が見事に並ぶ。そういった看板不足が晩年の不遇にも繋がった感が無きにしもあらず。
いや、単純に時代の変化に対応しきれず外厩を使いこなせなかっただけという話でもあるんですがね。

坂口正則が好きだ

坂口正則が好きだ

「坂口厩舎?。あぁ、トップガンとキングヘイローと浜中の所ね。」

と、坂口正大と間違えられる事も多かった坂口正則師。
従兄弟だから仕方ないね。
管理馬のキャラクターが濃かった正大師の方が有名だが、実績では負けていない。
JRA通算678勝は、686勝の正大師と全く遜色ないし、こちらは海外GⅠも制している。

そして坂口則といえば、エイシンとかエイシンとかエイシンとかエイシン。

エイシンといえば、親子鷹の野元厩舎も印象深いが、単純な頭数や活躍度から言えば坂口正則厩舎の方が上。
サニーでクラシックを制しヒカリで海外G1制覇を成し遂げているのだから、軍団に対する貢献度は実に大きい。
そして、エイシンの経営が曲がり角にある印象を強めている所で、最大の厩舎が定年を迎えるというのも、なんとなく巡り合わせを感じる部分でもある。
まぁ、ぶっちゃけ調教師個人のイメージよりエイシンのイメージが先に来る辺り鶏が先か卵が先か的な感じになってるが、そんな厩舎でございました。

柴田政人が好きだ

柴田政人が好きだ

引退調教師が発表されたので思いつくままに書いていこうかなと。
まず先頭は表題の人。

馬事公苑花の15期生にして義理人情を重んじる職人肌の仕事人。
その姿勢が調教師としては足を引っ張った。
と評するのが穏やかな表現であるが、正直なところ調教師としては無能であった。
調教師一次試験免除の1000勝特典が消えた理由の8割は田原の責任だが、残りの2割は加賀と郷原と政人が悪い。

こんなことを書くと気分を害する人がたくさんいるだろし、批判もあるだろうが20年以上調教師を続けて重賞0という事実は、単に巡り合わせや運だけで終わらせては駄目だろう。
印象深いのはヒメサクラの使い方。
14年秋に本格化し府中のD1400を好時計で逃げ切り連勝。
調教師としては同じくアレな成績だった加賀や郷原も最晩年に障害ながら重賞馬が周ってきたように、政人にもチャンスが来た。

このまま根岸Sなり交流重賞なりを狙えば1つぐらいは拾えそうだったが、調子の良い時に休養入り宣言。
厩舎コメント曰く「冬場は馬が固くなる」
まぁ、仕方がない。
が、半年後に帰ってきたら馬柱に「骨折休養」の文字。
曰く「休養中に軽度の骨折が見つかった」
・・・まぁ、仕方がない。
復帰戦シンガリ負け
・・・・・・まぁ、仕方がない。
状態を上げつつ使うのかなぁ、と思ったら直後に函館D1700m戦を転戦。
府中D1400を好時計で逃げ切った馬を函館D1700。
しかもスタートから藤田が追っつけて強引に逃げて4角一杯バタバタ×2。
そして10ヶ月の長期休養へ
まぁ、仕方がない。

と思えるかいっ!!!


調教師の仕事は相馬に調教の指示にスケジューリングにと職人としての腕だけでなくマネージメント力が要求される。
柴田政人師はこの部分が致命的に欠けていたように思う。
馬質にしても伊達秀和のマル外やセールの中間価格を超える馬も預かってきたが、結果は乏しい。
厩舎の成績は従業員の問題もあるだろうが、それも含めて人に対しても馬に対してもマネジメント力が欠けていた。
実働24年でJRA190勝で重賞0勝は、はっきり言って低調である。

腕のいい職人が人を扱える棟梁の大旦那になれるとは限らないのと同様に、柴田政人はとことん職人肌な人だったのだと思う。
厩舎経営から引退すれば、元職人らしく技術的に若手の騎手連中を叱咤激励してほしい。
「でも、新聞で持ってた連載コラムの内容的に評論家としても微妙な可能性高くない?」なんて決して言ってはいけない。

新車が好きだ

新車が好きだ

今週はF1の新車発表ウィーク。
最注目のフェラーリが残っているものの、メルセデスにレッドブルといった強豪にワークスのルノーと主要チームは発表済み。

うーん、メルセデスが速そうに見えるのは勝ってるからなのかなぁ。
さすがにレッドブルのカラーリングは仮のものですよねですよね?
ホンダが付くとアースカーみたいなネタカラーを作らなければならないという事ではないですよね?

あと、ルノーが規定内に収めてるか疑問なほど極端な前傾姿勢になってますけど、デフォルト段階でこの角度って攻め過ぎじゃないっすか?
レーキ角制御がF1全体のテーマという話は見たことありますけど、これ基準でレース中にガクガク変わるってことっすか?
それはそれでなんか楽しそうだけど、迷走してる感アリアリな気もしなくはない。
って事でF1開幕も、あっという間に来るんでしょうなぁ。

青汁が好きだ

青汁が好きだ

つい最近「トップが馬主をやってる会社はろくな事にならない」と書いたら、馬主0年生が逮捕されたでござる。

「会社がロクな事にならない」ではなく「ロクではない会社」だったという事かもしれません。
いやまぁ、どれだけ黒いかはわかりませんがね。

経営者と脱税というのは、与太郎とご隠居以上にポピュラーな関係でございまして、経営者が大半を占める馬主界でもよく聞く話。
有名所で言えばオグリキャップ二代目馬主の佐橋五十雄だったり、ノボ軍団の渡辺登だったり、レオ軍団の田中竜雨だったり。
パッと思い出してググって確認しただけでこれだけ出てくるんだから実数はどれだけのものやら。
羽振りの良かったはずの馬主が突然消えたら、脱税か首吊ってるかの二択。

で、書きながら思い出した。
レオって法人名義を立てて上手いこと馬主資格をキープしたけど、あれって逮捕前だったか後だったか思い出せない。
まぁ、馬主関係なんてそんな話ばかりよね(笑)

ファンとの触れ合いが好きだ

ファンとの触れ合いが好きだ

平成の怪物松坂大輔がファンに腕を引っ張られて負傷したの事

そういえば、プロレスラーもファンに揉みくちゃにされながら入場するって事もなくなりましたしねぇ。
関係ないか。

でも、AKBの成功以降、プレイヤーとファンの壁ってのはここ数年のエンタメにおける最大のテーマだと言われ続けながら、まだ答えが出てこないという。
あまり馴れ馴れしくするのもねぇ。Twitterでも平気で突撃できるひともいますけど、私にゃできない。
でも、Twitterの規模がそれなりになってくると、ある程度突っ込んでくれる人がいると嬉しいのも理解できてきた(笑)
でもねぇ、距離感ってのは難しいよね。

馬インフルエンザが好きだ

馬インフルエンザが好きだ

いや、好きっておかしいだろう。好きってのは。
ということは置いといて馬インフルエンザ。
日本では初期対応を誤った結果、蔓延して開催が中止になるわ、オージーとの検疫が長期間化するわ色々な問題を招いたのも記憶にあたらしい所。

そんな馬インフルエンザが今年イギリスで発生。
即座に英国全土の開催を中止し、1週間後に感染状況を確認して再開可否の判断をすることに。
さすがBHA(英国競馬公社)。開催と中止が二転三転して感染を拡大化したJRAやNARとは違いますな。

と思ったら、英国競馬界もそんなに一枚岩な訳ではないらしい。


ツイストン・デービス調教師「BHAの開催停止はマジ大げさ過ぎ」

なんでも「命に影響のある病気でもないのにやりすぎ」との事で、なかなかにファンキーな発言。
最近の日本でも「インフルで休むのは学生までと思うけどね」とかツイートして炎上していた社長さんがいましたが、どこの国でもこういった発言は変わらない感じがしますな。

こういった流行感冒は、流行させないようにするのが第一なわけでね。
デービス師や件の社長のように流行するのを前提として物事を進めるのは、福利厚生的にベストではない訳ですし。
そもそも初期対応でバチッと食い止めれば、日本のようにダラダラと長期化することは無いはずなんですよ(あ、馬インフルの事ね)。
BHAの毅然とした対応によって蔓延が食い止められるのかどうか。
その結果には、注目したい所です。

出負けが好きだ

出負けが好きだ

小銭稼ぎを目指して予想的なエントリーを始めてみました。
土曜の見解まずまず、日曜ダメー。
というか、ウイナーズロードの-14キロって何やねんと。
410しかない馬が300キロ台突入ってもうアカンですやん。
丁半博打に入る前に終わってまんがなでんがな。
あ、でもナンヨーミカヅキの動き自体は悪く無さそう。
権利取れなかったんで次走が不透明ですが、中山の後半番組に上手いことスッポリハマれば買えると思います。

こんな感じで週300円。
どうですかね?