Drew Breesが好きだ

Drew Breesが好きだ

ってことで終戦。
ブリーズとブレイディ、二人合わせて95歳のQB対決は、ブレイディの完勝。
まぁ、今シーズン2度目の対戦でO#が完全に読まれてましたし、そもそもブリーズが絶不調。
パスが届かない、ここ2,3年でしばしばみられるアカンやつにぶち当たってしまいました。
で、試合終了後はこんなシーンもあり、ブリーズ引退濃厚という空気。

兄マニングとレイ・ルイスのお別れシーンを思い出すシチュエーション。
完全に一時代の終わりですな。

アップテンポで鋭いショートヤードをガンガン連打する見ていて爽快なパスプレイが大好きでした。
ブリーズだからセインツが好きになったのは紛れもない事実。
でも、時代は流れるのよね。
セインツのチーム自体も来シーズンはお抱え選手のサラリーキャップが約1億ドルオーバーという訳分らん状態でして、ブリーズどころかカマラやキャメロン・ジョーダンとも契約が怪しく、ほぼ間違いなく再建モードに入ります。
100億円給料削減ってどうすればいいのよ。
NFLに関して、私はチームを追うより試合を追いかけてる面が強いので贔屓を変えるかもしれませぬ。

でも、今は急がずブリーズの決断を見守ることにしましょう。

飲み屋宣伝が好きだ

飲み屋宣伝が好きだ

「コロナ自粛なんてクソだ」とか放言している馬鹿は黙ってもらいたい所ですが、黙って一人で飲みに行くのは推進派
ただ、変異株は本当に怖いよねぇ。
感染力が強い説明も出てきましたが、どうにも腑に落ちねぇんだよなぁ。
イギリスの異様な数字の開き方を見てただけに、ヤバさしかないのですが見て見ぬ振りで飲んで帰る。

で、一発目の緊急事態宣言は乗り越えたものの、今回の宣言でだいぶやばい店も増えて来た模様。
空いているのは良いのですが潰れるのは困る
潰れるのは困るので、露骨に宣伝しようのコーナー。

まず一発目は、西船橋の成る。


関連ランキング:居酒屋 | 西船橋駅京成西船駅海神駅


日本酒ってのは、封を開けるとどんどん風味が飛んで良くも悪くも飲みやすくなってしまうのが困りどころ。
居酒屋でも同様で、きちんと管理されて風味が保たれている店は案外少ない。
ここではそんな日本酒の風味を飛ばさぬよう、毎回バキュバンで空気を抜いて保存することで開けたての味を保ってくれる分かりやすい良店である。
30種前後の銘柄を取り揃えており入れ替えも頻繁で聞いたことのない酒も少なくないが、飲んでみれば間違いのない酒が揃っている。
値段も手頃だし、2時間3000円で飲み放題もある。
湾岸地域で日本酒を飲む店として、コスパと味のバランスを考えると、ここが俺のナンバーワン。

競馬サイトで馬刺しを出す店はどうなんだ、という感じもするが、元店長は植野貴也の兄なのでセーフ。
現在は、2度目の宣言に伴い臨時休業中で再開未定
また、西船橋という中山直下でありながら日曜休業なので注意。
復活するかは分かりませんが、再開したら寄ってみてください。
肴は普通ですが、日本酒は間違いないです。

蛯名正義が好きだ_その6

蛯名正義が好きだ_その6

シリーズの最後はゴシップネタ。

一時代を築いた騎手もステッキを置くときが近づいてきた。
蛯名が調教師試験受験の報が出たのが2018年。
この時は1次試験で不合格となったが、これは半分通過儀礼のようなもの。
中館も幸四郎も2度目の受験で合格しており、来年の合格は既定路線。
と、多くが思っていたらまさかの連続不合格。
四位より頭が悪かったとは予想外。

この時、法則でゴシップ的に載ったのが、JRA試験官の「俺の目の黒いうちは合格させねぇ」というお言葉。
JRAを長年背負い世界とも戦ってきた騎手に対してリスペクトに欠ける姿勢だが、その気持は分からんでもない。

同じく同紙のゴシップネタだが、2018年に関東騎手会の役員が当時会長の蛯名を含め電撃的に交代したという。
曰く、横山典と共にエージェントに頼らない姿勢を打ち出したのに誰も付いてこない、ついでに海外研修の話でも若い連中が言いたい放題意見が出てまとまらんのでぶん投げた

この話をどこまで信用するかは任せるが、これを100%鵜呑みにすれば、絶対に調教師にさせてはいけないと判断する人がいてもおかしくないだろう。
また、先に書いたように、蛯名はレース中パニック的な動きと評価せざるを得ない扶助を見せていたし、その時の審判員の一部はお偉いさんに出世してる訳でこの辺の勢力も壁になる。
そんなこんなで、調教師には一生なれないんじゃね?、と個人的に思っていたが3度目の試験で無事合格。
やっぱり、四位より頭が悪かっただけかもしれない。


組織を束ねれるか心配な面がある上、3歳馬をアホみたいに抑え込んだりエージェント関係でも譲らんかったりと必要以上に頑固な所があるし、理屈よりも感性の人というイメージで外厩を含むマネジメント能力にもすんげぇ不安な人であるが、その感性が図抜けている点は無視できない。
蛯名の進言で使ったレースが大外れな結果となっているケースを殆ど知らない。
優れた番頭を得て馬の選別から感性が発揮されれば、念願のダービーも夢ではないはずだ。

ハインツフィールドが好きだ

セインツは普通に勝利。

マレーが潰れてどうするのかと思ったら、戦術カマラの仕事量をそのまんま増やして押し潰しました。
まさにプレーオフモード。
次のお相手はバッカニアーズ。
今シーズン2度目のブレイディとの爺さん対決。
相手方はシーズン後半に調子を落とし気味ですので、ここを制してパッカーズorラムズに向かいたい所ですね。

2021年が好きだ

2021年が好きだ

あけおめ(1月10日)
毎年のことですがNFLと新日本プロレスで忙しい
NFLはプレーオフに入りましたが、コロナ状況で振り回されたシーズンとなっております(現在進行系)
Jリーグやらプロ野球やら、コロナがシーズン中にコロナが出たら大騒ぎですが、NFLは出ること前提でシーズンを消化してますので何卒。
まぁ、感染したら1週は出場停止ですし、濃厚接触を巻き込んでQBが控え含め全滅なんてチームもありましたし(我らがセインツはその恩恵を受けましたが)、まぁ、ざっと見だとチーム力がよく分からんことこの上ないwww

一応、セインツは6割消化試合だった前週にオフェンスの柱であるRBカマラにコロナ免疫を植え付けることに専念。
予定通り今週復帰し、ついでにけがで休んでたWRトーマスも帰ってきて、見た目上はスーパーボウルに向けて万全。

でもねぇ、ほんと試合始まるまで誰が出場停止になるか分からん恐怖ってのは怖いですよ。
プレーオフ初週には、18年ぶりに出てきたブラウンズのヘッドコーチがコロナで出場停止とかいう強くなってもネタチームの心を忘れない男気を見せてますが、うちもブリーズが消えればその時点で半分終了ですからね。
相手の主軸がかかればラッキーですが、それで勝ってもねぇ・・・。
気持ちよく試合を見れる日が待ち遠しいですなぁ

2020年が好きだ

2020年が好きだ

蛯名話がぶつぶつですが、今年はこれにておしまい。
こんな大変な年は無かったと口々に言いますが、ぶっちゃけ2011年の方が大変でしたなぁ。
電気がなくて人も物も満足に動かせない時を考えれば、人は動かなくても電気の供給が安定していることのなんと幸せなことか
まぁ、ゴールが見えないというのは大変なもんですが、仕事的にはあの時に準備した事の答え合わせに近いものもあり、むしろ大地震前に部分的に確認できたことは実に幸運だったとも思いたいですね。

蛯名正義が好きだ_その5

蛯名正義が好きだ_その5

たしか00年代中頃のnetkeibaだと思うが、柏木集保が蛯名の騎乗に対して苦言を呈すコラムを書いていた記憶がある。
かなり曖昧な記憶だが「不利を受けた時にあたふたし過ぎ」とかいう内容だった。

一般的に一番有名なのは2016年のエリザベス女王杯だろうか。
1人気のマリアライトに乗った蛯名は1角で外から寄られた際に立ち上がって大きく後退した。
レース後のコメントでは「死ぬかと思った、落馬するかと思った」という記事が載っていたが、JRAの制裁は一番外にいた福永への戒告のみであり、当人も「普通の動きです」ぐらいのものであった。

この動きに対する評価は見た人に委ねるが、個人的に福永の感想はごもっともであり、蛯名とマリアライトの進路がそこまで潰されたようには見えず、JRAが課した戒告でも十二分過ぎるものであった。
何よりも、蛯名は寄られた時に過剰反応と評価ざるを得ない象を年に数度起こしている。
こうして制裁事象を集計してみると、柏木氏の書いていたことは実に理解できる。
アピールプレーと評する人もいるようだが、それならば浜中のように立ち上がるだけで十分であり、ハミをガチャンと噛ませて馬をふらつかせ無駄に事を大きくする必要は無い。

蛯名は寄られるとパニックを起こす。

と、少しオーバーに書いても良いと思う。
この咄嗟の判断のまずさは出遅れを重ねていた頃と線でつなぐことも出来る。
蛯名の繊細な感性は長所でもあり短所でもあり、ついでに調教師試験においても影響した感がありやなしや。
って事で、もういっちょ続く

変異コロナが好きだ

変異コロナが好きだ

別にウイルスの変異が以前から各地で発見されているのは当然なんですが、今回の問題はそうじゃねぇ訳ですよ。
欧州の各地で再ロックダウンが始まってるのにイギリスだけ感染者数が減らねぇぞ、むしろイギリス内の特定地域で増えてるぞ。
調べたら、やべぇ変異の仕方をした奴が混ざってる可能性がありそうだぞ。
「別に変異したものの感染力や毒性が強いという証拠はない」って言うけど、出てくる数字がぜんぜん違うじゃねぇか。
というのが流れでして、その前提がなされてる話が殆ど無い辺りは、自粛派も経済派も根本がズレているように見えて仕方がない。

まぁ、競馬場は異様でしたが、人出自体は緊急事態宣言時より相当数増えてますし、再宣言しても減ることはないでしょう。
経済のアクセルを吹かしちゃったんだから戻れるわけがねぇんですよ。
で、変異型が国内に入ってますので感染者数は増えるでしょう。
だって、変異型の感染数が跳ねてる原因が分かってねぇし。
とりあえず単独行動厳守してればそんなに間違いはないのがこれまででしたが、この先どうなるのか分かりまへんなぁ。

ゴーストタウンが好きだ

ゴーストタウンが好きだ

武史3着に残せやクソが
って訳で、マイネルステレール4着で本日ほぼ負け確な感じで最後までそのまんまでした。

しかしねぇ。
去年はレーンはコックスプレートと同じ感じで外回すだろ?、と思ったら内周ってから外へ出すという完璧な競馬をやられて
今年は北村友一だから動かないだろ?、と思ったら早めに外から堂々の競馬ですよ。
2年連続で想定を上回られてしまって完敗でござんす。

で、中山行ってきたんですが、異様でしたねぇ。
コロナコロナ騒ぎつつも人出はそれなりに増えて緊急事態宣言直後の異様な閑散さは無くなっていたわけですが、中山の法典→競馬場への地下道はそれを思い出しましたね。
なんとも形容し難い風景というか空気感。
「有馬有馬」と言ってるのに、空気が全くそれじゃない。
場内も場内で、半分閉まった飲食店、開いている所も従業員の数は平常モード以下で厨房も雑談混じり
開いているだけで有り難いのですが「なんだろう感」が半端ない。
客も席販売の方式から単独客が大勢でオノボリサンも殆どおらず、大声もみんな自粛。
特に声出せないってのは辛いねぇ。
マイネルステレールの4着は檄を届けることができなかったのが原因だな。

有馬記念が好きだ

有馬記念が好きだ

初めて有馬記念を生で見たのがマンハッタンカフェと蛯名が勝った2001年(蛯名要素)
それから毎年有馬は現地で見ていたのですが、今年の社会情勢ではそれも叶わず・・・

入場券当たっちゃった。

ゴール板から離れた上で席数もある一般のEブロックを狙ったのが功を奏したようです。
って事で無事今年も現地参戦と相成りました。


とはいえ、馬券的に妙味は薄そうな今年の有馬記念。
バビットかキセキがきっちり流れを作って、有力所はみんな付いて行けるしきちんと脚を使えるが、唯一不安なのがクロノジェネシス。というより北村友一
まぁ、この人が中山で馬券に絡んだ記憶が殆どない(そもそもあまり来ねぇけど)。
理由はシンプルなもんで、基本コーナーで動かない騎手だから。
関西のトップ騎手なら数字を上げるはずの小倉でも、この人は他場より落とすのもそれが一因と思える。
宝塚のように黙ってても周囲がバテてくれるならいいが、良馬場の中山ならもう少し位置取りでやり取りしなければならない。はてさてそれが出来るのか。
あと、ラッキーライラックはルメールが乗ってくれないし、フィエールマンはアメリカJCCの情けない内容が頭から離れない。

これらの要素を要約すると、どんな理由でもいいから1頭飛べ

で、買う馬券は殆ど決まってましてオーソリティから上記3頭へのワイドか3連複。
とにかくアル共がなんじゃこりゃな内容でして、3角右手前で4角から直線左手前、左回りを右回りで走る新馬戦みたいな走り方。
周りの問題とか手前替えが不器用という以前に、経験馬が12秒台のコーナーで平然と逆手前で走るのは実に理解し難く、ついでに直線もムチを入れるたびに左右にフラフラして真面目に走れやコノヤロー状態。
そんなこんなで常識的に走れば2馬身以上違うだろうという、骨折からの叩き2戦目以上の上昇を期待している次第。
まぁ、追いきりでは手前変換を促してるのに2週連続右手前から変える素振りすら無く、正直なところ今回も常識的な走りはあまり期待できず。
ってか、実戦をこなす度に競馬が下手になっていくってどういうことなのよ
シーザリオの系統に見られる掛かる行きたがるとは別次元のクレイジーさを感じます。
そんな牝系にオルフェ突っ込んだらこれが出来上がったというのは、ある意味自然かもしれませんな。
あと不安点を重ねると、こういう馬に川田が乗った時はセーフティに徹する可能性が低くないんだよなぁ。
モレイラを乗せてぇ

って訳で展開に関係なく馬のポテンシャルを期待しているわけですが、当人のご機嫌次第という天運要素も強いので金額も相応レベル。
とりあえず、クロノジェネシスの立ち回りが一番厳しくなる可能性が高いと見て、馬券の重み的にはラッキーライラック>フィエールマン>クロノジェネシス。
投入金額はマイネルステレールの半分以下で。