投票率が好きだ

投票率が好きだ

選挙の度に思い出す大好きなネタ。

選挙は好きですけど、投票に行きましょうってキャンペーンは嫌い。
公約読み比べて判断して入れる1票も、その場のフォーリングで入れてる1票も、「こいつが落ちた方が面白い顔が見れそうだから対抗馬に入れるわ」の1票も、等しく平等になってしまうのですから。
率が下がって自分の1票の価値が高くなって何が悪いのか位の心持ち。
選挙に行かないくせに社会の不平や不満を言う奴は見下しますが、かといって義務感で行くようなもんでもないよと。
半ばギャグにしてしまいましたけど、とりあえず投票に行きましょうってのは、手段が目的化してるんでね。
選挙ってのはそういう程度のものでもないでしょうと思うんです。
立川談志じゃないですけど、大衆が揃って選挙に足を向かせるほどではない世俗は、そんなに悪いものなのかね。

PIST6が好きだ

PIST6が好きだ

潰れかけの千葉競輪を改修してあらゆる要素を外部委託にぶん投げた結果がこれ。

コンセプトは分からんでもないですが、売上はご祝儀3.5億スタートから4日目で2800万円と美しいナイアガラ。
まぁ、販売がnetkeibaでおなじみミクシィのTIPSTAR経由のみで、観戦+場内アミューズメントで収益バランスを取るコンセプトらしいのですが、これで採算取れるのかなぁ。
Bリーグが平均3000人で回せるのだから、固定費の小さい競輪ならある程度の入場関連で採算が取れるって理屈も分からんでもないですが、まぁ、分からんでもない程度。
これが軌道に乗るのであれば、公営競技の革命になるんですが、どうなりますかね。

バンクシーが好きだ

バンクシーが好きだ

今は上から落書きされた後に白く塗りつぶされましたが、私が時々使うサイクリングロードの途中にあるトイレの壁にバンクシーが描いたとも言われたステンシルアートがあったんですよ。
花束を投げる男をオマージュしてゴリラの顔した男がバナナを投げてる作品でして、これが素人目にも素晴らしかった。
もう一枚はピンと来ませんでしたが、バナナを投げてる方はすげぇなと。
よくステンシルに陰影を付けただけで、こんな躍動感を出せるもんだなと。
で、この度本物が見れるということで、ちょいと確認しに行ってみました。

んー・・・、トイレの方が良かったなぁ
躍動感はゴリラが遥かにありました。
型紙は全く一緒だと思うんですけど、陰影の付け方なんですかね。
って事で、バンクシーとされたトイレの落書きは、巧かったので偽物と私が認定します。

総選挙が好きだ

総選挙が好きだ

以前にも書いた記憶がありますが、選挙好きなんですよ。
特に普段楽勝のはずが蓋を開けたら接戦で死にそうになってる候補者の表情は一番の大好物
政権が入れ替わる時の負けた側の顔を見てるだけで2升は飲める
でもねぇ、今回も自民が勝ち戦なんで、そういった顔が今回も殆ど見れそうにないのが至極残念。
地方議会選挙の数字ってのは信頼できるもので、直近1年の数字を見ても自民安泰。
多少は議席減らしたところで、大物は落ちないでしょうからねぇ。
あ、中村喜四郎がどうなるかはすんごい気になりますが。

ほんと民主党が弱すぎるし下手よねぇ。
自民の不満分子をぶっこ抜くぐらいの腕力は無いのかね。

TARGETが好きだ

TARGETが好きだ

DataLabの通信を行うとTARGETの解説動画の広告が飛んでくるんですけど、これどうなんでしょう。
テレワークによってPCの普及率は回復して、タイミングとしてはそうなんだろうなと思いますけど、実際問題PCでツールを使い倒す文化は廃れてしまいましたからねぇ。
まぁ、再生数が示す通りの需要ってのが現実なんでしょうな。
ってか、競走需要のエントリーはTARGETから引っ張り出した数字ですけど、この辺を後追いしてくれる人が殆どいない段階で、そもそもツールから引っ張り出した数字を加工するキチンとした人はいねぇって話なんでしょうけど。
プロアマ含め評論家を名乗る人は色々いますけど、みんな批判屋か印象語り屋止まりよね。

余が好きだ

余が好きだ

トロピコとNFLに気を取られてましたが、新日本プロレスのG1も最終盤。
ザックセイバーJrとコブさん上げに関しては、ある程度は予想の範疇ではありましたが、完全位に予想外だったのがグレート・O・カーン様の大化け。

海外から帰ってきても組み立ての硬さがあって、空気との対話がしきれてないし、相手とのリズムもチグハグなことがまま残る。
アマレスエリートがプロレスに対応できない典型的なパターンでして、こりゃ第2のキャプテン・ニュージャパンかなぁ、と思ってたんですよ。
いやはやいやはや、こんなあっさり化けるとは。
もっさり感が半端なかったエリミネーターが大空スバル式羊殺しを挟むことで説得力倍増ってのはあるんですが、それだけではない。
何か掴んだんでしょうが、それがなんとも形容しづらい。
まさしく化けたってやつですね。
プロレスを見続けてるとこういうのに出会えるのがたまらない。
最近だとエル・デスペラードがそうでしたし、オカダ・カズチカなんかもその典型。

ほんと、YOSHIHASHIじゃないですけど、物事が変わるのは一瞬なんですよ。
YOSHIHASHI当人はいつまでも変わらんですけど。

ショーン・ペイトンが好きだ

ショーン・ペイトンが好きだ

NFLシーズンもあっという間に5週目がほぼ終了。もう3/4しか残ってないよ
で、我らがセインツは3勝2敗で不思議な勝ち越し。
DAZNの中継に入ってこないのでスタッツとダイジェストしか見れてないのですが、なんで勝ってるか不思議でならない。
O#はパス成績がリーグブービーでランもカマラ一辺倒でリーグ中位と見る影もなく。
D#もリーグ中位程度。
中継に入ってこない程度の軽めの相手が揃っていたとはいえ、戦力的にはドアマット化してもおかしくないのに勝てるんですから、ヘッドコーチの立ち回りがキレッキレなんでしょうねぇ。
テイサムヒルみたいな玩具箱QBって素養のある選手は他にもいそうなんですが、後追いするチームが現れないって事は使いこなせるペイトンHCだけなのか。
って事で、ブリーズが好きだからセインツ贔屓でしたが、ペイトンがいる間もセインツ続行な感じで。

柳家小三治が好きだ

柳家小三治が好きだ

半年前に土に還りそうと書きましたが、無事お役目を終えたとの事。
これで志ん朝談志世代の有力所は、天国寄席に談志以外集結。

最後の1年は完全に老いた姿でして、落語家としては完全に走りきった印象。
素直に、ありがとうございました。


小三治の代表作って何になるんですかねぇ。
若い頃と60を超えた辺りからだと結構印象が違うんですが、個人的には晩年のほうが好き。いや、大好き
若い頃も良いですけど、肩肘が張る感じがしてね。
侍の噺ならいいですけど、柳家らしい噺は力の抜けたというか、上手く枯れたというか、そんな晩年の方がいい。
その辺で良い音源が残ってるのは、小言念仏、うどん屋、かぼちゃ屋、ちはやふる、百川、青菜。。。
他の噺家だと満足できないという意味では、うどん屋かなぁ。
あれは、比肩できる人すらいないっす。

トロピコ6が好きだ

トロピコ6が好きだ

ミッション打界しました

ちょいちょいバランスが雑だったり、唐突な無理難題に「ファック」と悪態つきつつノーマルで全打開。
ん~、これで十分かな。
ちなみにSteamの打開率は1.7%。
難易度というより、出来的にもこれぐらいでしょうなぁ。
オンラインルームも空だし。

イレブンスポーツが好きだ

イレブンスポーツが好きだ

すいません、昨晩は寝てました
肩首痛がしんどかったのと、大雨という報道と、2時からのNFLに備える必要があったので。
馬券的にはハリケーンレーンとアダイヤーの2頭軸でタルナワが心底邪魔。

で、表題のイレブンスポーツ。
NFLの昨シーズン末に日テレジータスNFLGOとかいうコンテンツで突如オンデマンド配信した会社。
昨シーズンの配信も唐突で今年は音沙汰なしもしゃーないと思ってたら、4週目前に突然サービス再開。

昨シーズンの配信終了がサムネイルに残る運営の本気さよ。
いやしかし、この中途半端な開始時期は何なんですかね。
DAZNにも言えることなんですけど、配信コンテンツをギリギリまでアナウンスしないってのは困りもの。
放映権料のチキンレース的な事というのは想像できますが、振り回される側はたまったもんじゃないですわ。
来シーズンはDAZNも撤退してると思うので、シーズン頭からきっちりやってほしい。
GAMEPASSに2万突っ込んだ直後にサービス開始とか泣けますので。