阪神2018年3月4日制裁情報 【騎乗停止有り】

斜行:1件【騎乗停止有り】

阪神9R:アルメリア賞
騎手 浜中俊(パンコミード)
制裁 最後の直線コースで外側に斜行したことについて平成30年3月10日の騎乗を停止(実効1日)
加害馬 1番 被害馬 10番
短評 最初に出てきた採決のパトロールには入っていなかったが、直線に入ると外に行きたがって仕方がない。手綱を開いて左ムチで持たせていたが、少し気を抜いた瞬間、一気に外へ持って行かれて10番オールフォーラヴと接触し被害馬がバランスを崩した。
最終的にハナ差決着で加害馬が先着も降着で着順入れ替え。

斜行中の修正扶助が十分かどうかが微妙な所だが、1日の騎乗停止は騎手がやれることはやったという判定。
それはわからんでもないが、それなら裁量はもっと軽くてもいいだろう。落馬に匹敵するような著しい走行妨害でもないのだから。
昨年の9月24日中山1Rの事象でも思ったが、現状は降着と裁量の切り分けが中途半端だ。