東京2015年4月25日制裁情報

東京10R:鎌倉S
騎手:岩部純二
内容:最後の直線コースで外側に斜行したことについて過怠金10000円
原因:残り250辺りで外から差され前に入られた所で、粘りを図るべく外に出した動きが4番の進路を塞ぐ形になった。
間隔はあったが動きが大きすぎたのと、被害馬の脚色が良かったので見た目の不利が大きかった。


このサイトを立ち上げた理由

このサイトを立ち上げて1ヶ月も経っていませんが、有難いことにある程度の方に見ていただけているようです。
裁決問題に対して様々な意見が出てきますが、その根本となる情報が全く集積されていないが為に、何が正しくて間違っているのかがはっきりしない状況となっています。

今後も裁決に関して問題は出てくるでしょうし、この問題がなくなることもないでしょう。
何か問題になるようなことが起きた時に、過去事例の参考になる事ができれば幸いです。

あ、あと、なんか適当に書いていきます。


中山2015年4月19日制裁情報

中山7R
騎手:和田竜二
内容:4コーナーで外側に斜行したことについて戒告
原因:4角出口で外に膨れた。右ムチをガンガン入れていたのも原因。
20150419中山07

中山9R:鹿野山特別
騎手:浜中俊
内容:最後の直線コースで内側に斜行したことについて過怠金10000円
原因:直線入り口で内に斜行し進路をカットした。

騎手:C.ルメール
内容:最後の直線コースで外側に斜行したことについて戒告
原因:上記とほぼ同場面でこちらは外に軽く膨れていた。
20150419中山09

中山10R:京葉S
騎手:岩田康誠
内容:発走後に内側に斜行したことについて戒告
原因:文字通りスタート直後に斜行。鞍上もバランスを崩しており、馬が主要因の斜行か。

騎手:横山典弘
内容:最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について過怠金10000円
原因:直線半ばまで画面外で詳細不明

中山11R:皐月賞
騎手:M.デムーロ
内容:4コーナーで外側に斜行したことについて平成27年4月25日から平成27年5月3日まで 騎乗停止(実効4日)
原因:詳細別記事

 


阪神2015年4月19日制裁情報

阪神1R
騎手:岡田祥嗣
内容:最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について戒告
原因:直線でムチを打ち過ぎたか?

阪神5R
騎手:藤岡佑介
内容:最後の直線コースで外側に斜行したことについて過怠金50000円
原因:叩き合いで相手に寄せすぎてぶつけた

阪神7R
騎手:川田将雅
内容:最後の直線コースで十分な間隔がないのに先行馬を追い抜いたことについて過 怠金10000円
原因:外から絞ってきた14番をガツンと押し返した。

阪神8R
騎手:北村友一
内容:最後の直線コースで外側に斜行したことについて平成27年4月25日から平成27年5月3日まで騎乗停止(実効4日)
原因:外にいた14番を交わしきらない内に外へ大きく持ちだして進路を大きくカット。外に出す前に一旦後ろを振り返って確認しているにも関わらずの斜行は意味不明で悪質。
20150419阪神08_1

確認しているはずなのに・・・

確認しているはずなのに・・・

 

阪神8R
騎手:岩崎翼
内容:最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について過怠金30000円
原因:残り200からムチ連打しすぎたか


福島2015年4月19日制裁情報

福島3R
騎手:森一馬
内容:決勝線手前で内側に斜行したことについて過怠金50000円
原因:内に入れながら脚を伸ばした結果、内の馬が最後に追えなくなった。

福島6R
騎手:津村明秀
内容:最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について過怠金10000円
原因:直線200手前から先頭に立つまでムチ打ち通し

福島8R
騎手:木幡初也
内容:4コーナーで内側に斜行したことについて戒告
原因:積極的に前を追走していく中で御しきれず内に入ってしまった。
20150419福島08

福島9R
騎手:伴啓太
内容:最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について戒告
原因:中継画面外で詳細不明

福島11R:奥の細道特別
騎手:熊沢重文
内容:2周目3コーナーで内側に斜行したことについて平成27年4月25日から平成27年5月 3日まで騎乗停止(実効4日)
原因:3角入り口で内に1頭分入ってしまい、内の5番が軽く押されて10番が躓いた。


デムーロ@ドゥラメンテの斜行は防げた?

無理です。

と身も蓋もない事を言ってもしょうが無いので、時系列で追ってみましょう。


画像1:4角入り口

Mirko_1
手綱を右に開いてコーナリングに難儀するミルコの姿が確認できます。
「初の右回りに戸惑った」というコメントは、おそらく真実でしょう。

画像2
Mirko_2
その後
、下がってきたコメートに若干寄られます。
この流れ自体は特に問題はないものですが、ここで馬のスイッチが入ってしまった可能性はありますね。
あくまで可能性の話ですが。

画像3
Mirko_3
コメートが完全に下がり外への進路が開けます。
勝負に出るべく、ここまで右に手綱を開いて必死に我慢させていたのを開放して軽く左に手綱を引いた瞬間・・・

発射!

 


現象としては、掛かるのを抑えていた馬を開放した瞬間すっ飛んでいくのに似てますね。
新馬戦なら騎手も考慮して乗りますが、皐月賞本番では、テン乗りでもそこまで注意深く乗ってられません。
藤田や横山典辺りなら違うかもしれませんが、最も結果が求められるレースでの優先順位として正しいかどうかは意見が別れる所でしょう。
制裁としては、騎手に悪意はなく、馬が主要因の斜行なのでこれは1日~2日が妥当なところですが、JRA発表では実効4日ですか・・・。
レースの格と見た目の派手さが仇となりましたかねぇ。


中山2015年4月18日制裁情報

中山4R
騎手:原田和真
内容:最後の直線コースで外側に斜行したことについて過怠金30000円
原因:レース中継画面外で詳細不明

騎手:原田和真
内容:決勝線手前で外側に斜行したことについて過怠金100000円
原因:レース中継画面外で詳細不明

中山11R:中山グランドジャンプ
騎手:難波剛健
内容:2周目2コーナーで外側に斜行したことについて平成27年4月25日から平成27年5月3日まで騎乗停止
原因:バンケットを下って登りながら所でコントロールしきれず外にいたリキアイクロフネの脚を引っ掛けた。
技量不足が主因となるが、厳しいレースで馬の制御が難しくなっていたことと、中山で走る機会が減っているのも影響したかも。
20150418中山11


福島2015年4月18日制裁情報

福島3R
騎手:井上敏樹
内容:最後の直線コースで外側に斜行したことについて戒告
原因:直線入り口で左手前に切り替わった所で外へ2頭分フラつき後続迷惑。若手らしい技量不足。
20150418福島03

福島7R
騎手:古川吉洋
内容:発走後まもなく内側に斜行したことについて戒告
原因:スタート後、内に入れる過程で後続馬が立ち上がった。
20150418福島07_1

騎手:鮫島克駿
内容:4コーナーで外側に斜行したことについて戒告
原因:4角出口で被害馬の内に体をねじ込んだ。
20150418福島07_2

福島9R
騎手:木幡初也
内容:発馬機内での御法(突進された)について戒告
原因:ロケットスタート失敗?

騎手:丸山元気
内容:4コーナーで外側に斜行したことについて過怠金30000円
原因:外に持ち出しながら押上げていく中で、外にいた馬を進路をカット。
20150418福島09

福島9R:燧ヶ岳特別
騎手:津村明秀
内容:決勝線手前で内側に斜行したことについて戒告
原因:ロレース中継画面外で詳細不明


阪神2015年4月18日制裁情報

阪神4R
騎手:藤岡康太
内容:最後の直線コースで外側に斜行したことについて過怠金50000円
原因:前を走る国分優@ヒトミヲトジテが軽く外にヨレた影響で、藤岡康@ピースオブジャパンは外に動かざるを得ず、その外にいた戸崎@トキワが狭くなり後退することになった。
20150418阪神04

阪神6R
騎手:岩田康誠
内容:最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について戒告
原因:残り300付近からムチ打ち通し

阪神9R:はなみずき賞
騎手:福永祐一
内容:最後の直線コースで十分な間隔がないのに先行馬を追い抜いたことについて過怠金 10000円
原因:武幸@マスターリデルと浜中@バトルクライシスの間のスペースに、岩田@ブランドベルグと福永@レトロロックと武豊@アンバーグリスキーが殺到。
更に困ったことに、マスターリデルが若干外にヨレながら下がってきたため、狭い進路がさらに絞られてブランドベルグの進路が消え、アンバーベルグが狭くなった。
20150418阪神09

阪神12R
騎手:菱田裕二
内容:決勝線手前で外側に斜行したことについて平成27年4月25日から平成27年5月 10日まで騎乗停止
原因:別記事で


菱田裕二3つの騎乗停止を検証

菱田裕二騎手が18日阪神12Rで斜行、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返したため、加重制裁で4月25日から5月10日まで実効6日間の騎乗停止となりました。

北村宏司騎手が立て続けに騎乗停止を受けましたが、今回のケースはどうでしょう?
再び、3つの騎乗内容を確認していきましょう。


 

2014年10月26日京都11R菊花賞
制裁内容:最後の直線コースで外側に斜行したことについて平成26年11月1日から平成26年11月9日まで騎乗停止(実効4日)

レース経過:
図1:直線入り口
20141026京都11_1
注・2枚の写真は注釈印の有無以外は同一のもの
赤角:菱田裕二@タガノグランパ(加害馬)
黄角:浜中俊@サトノアラジン(被害馬)
緑角:蛯名正義@サウンドオブアース

直線最内のスペースを突く菱田@タガノグランパ。
しかし、前を走る蛯名@サウンドオブアースが粘りこみを図るべく左ムチを入れてラチを頼りに行く。

図2:
20141026京都11_2
注・2枚の写真は注釈印の有無以外は同一のもの

サウンドオブアース(とマイネルフロスト)が内に入ってきた事で前のスペースを絞られてしまったタガノグランパ。
焦った菱田は外へ豪快に持ち出すが・・・

図3:
20141026京都11_3
注・2枚の写真は注釈印の有無以外は同一のもの
20141026京都11_4
別角度

急激な進路変更で浜中@サトノアラジンの進路をカット。
浜中の神がかり的な反応と読みで左に手綱を引いた事で事故は回避したもののひとつ間違えば落馬してもおかしくない事象

レース映像:

私見:とっさの反応での進路変更は騎手の本能ではあるが、そもそも最内から3頭分以上外へ急激に持ち出す進路変更がやり過ぎ。
さらに、外の進路確認不足も重大な騎手責任で文句なしの騎乗停止。


2015年1月18日中山11R京成杯
制裁内容:最後の直線コースで外側に斜行したことについて平成27年1月24日から平成27年 2月1日まで騎乗停止(実効6日)

レース経過:
図1:ゴール前150m辺り
20150118中山11_1
注・2枚の写真は注釈印の有無以外は同一のもの
赤角:菱田裕二@クラージュシチー(加害馬)
黄角:三浦皇成@コスモナインボール(被害馬)
緑角:江田照男@オトゴギイッポン

直線最内のスペースを突く菱田@クラージュシチー。
しかし、前を走る江田照@オトゴギイッポンが粘りこみを図るべく左ムチを入れてラチを頼りに行く。

図2:
20150118中山11_2
注・2枚の写真は注釈印の有無以外は同一のもの

オトゴギイッポンが内に入ってきた事で前のスペースを絞られてしまったクラージュシチー。
焦った菱田は外へ豪快に持ち出すが・・・

図3:
20150118中山11_3
注・2枚の写真は注釈印の有無以外は同一のもの
20150118中山11_4
別角度

強引な進路変更で三浦@コスモナインボールの進路をカット。
三浦が手綱を引いた事で事故は回避したもののひとつ間違えば落馬してもおかしくない事象

レース映像:

私見:とっさの反応での進路変更は騎手の本能ではあるが、外の進路確認不足は騎手の責任で文句なしの騎乗停止。
文章がほぼコピペで済んでいるように、前例と内容がほぼ同一。
以前の記事で北村宏司の不注意騎乗の内容が全然同様ではないと突っ込んだが、これは紛れもなく同一の内容で追加制裁も妥当。


2015年4月18日阪神12R
制裁内容:決勝線手前で外側に斜行したことについて平成27年4月25日から平成27年5月10日まで騎乗停止(実効6日)

レース経過:
図1:ゴール前
20150418阪神12_1
赤角:菱田裕二@アイムユアドリーム(加害馬)
黄角:三浦皇成@カネトシビバーチェ(被害馬)

ゴール前、先頭の菱田@アイムユアドリーム。
粘りこみを図るべく、外から猛追する武豊@カネトシビバーチェに体を併せに行く。

図2:2完歩後
20150418阪神12_2

菱田が寄せに行く形で2頭が接触。
しかし、接触後も菱田は右ムチを容赦なく入れさらに・・・

図3:さらに2完歩後(決勝線通過直前)
20150418阪神12_3

体を左に傾ける形でショルダータックル!
スゲー、欧州の競馬を見てるみたい。
でも、ここは日本なのよね。

レース映像:

私見:併走馬に寄せていく過程で接触するだけなら過怠金止まりだろうが、更に右ムチを入れるのは悪質。
また、肩をぶつける乗り方自体は日本でも時々見るが、これは寄ってきた馬を押し返す時に使うもので、自ら寄せた上で使ってはいけない。
前例と要因は異なるが、危険回避要素のない自分勝手な乗り方は共通で上乗せも致し方なし。
私なら2日+2日で実効4日とするが、実効6日でも文句はない。

ちなみに、制裁とは離れますが、ぶつけてから4完歩程度の事象で着順逆転を明言するとは、審判員の目は素晴らしいですね。
2013年のAJCCはもっと悪質で大きな不利が発生してましたけど、あれは残り200地点でしたから着順逆転はありえなかったんでしょうね。
さすが、JRAの裁定は世界基準ですね。


さて、菱田裕二騎手が今年受けた3つの騎乗停止を並べてみましたがいかがでしょうか。

北村宏司騎手も3回の騎乗停止を受けましたが、彼との違いは、全て菱田騎手の自分勝手な乗り方で起きているという事です。
北村騎手の事例は馬の癖と競馬の流れによるものと接触後のパニック的動作によるもので、意図的に乱暴な騎乗をした訳ではありませんでした。
対して菱田騎手は全て目先の利益を求めた物で、これは真に反省の求められる事象です。
もし、飲み屋で彼らに出会ったら、北村には「まぁ、色々あるけど頑張れや」と一杯奢り、菱田には「なに自分勝手に乗っとるんじゃボケェ」と蹴りを入れる事でしょう。
一般的な評価として、この二人はほぼ同等の評価を受けるでしょうが、私としては、きちんと分別して評価できる業界であってほしいと思います。

しかし、このサイトを立ち上げた途端、物議を呼ぶ事象が立て続けに起きるとか、ここはなにか呪われているんですかね。


※2015/11/03
動画をmp4形式に差替