不服申立てが好きだ

不服申立てが好きだ

中谷騎手の後、井上騎手が続いたことで定期的に出てくる事がほぼ確実になった不服申立て制度。

ざっと概要を説明しておくと、
採決に不満のある騎手又は調教師がJRAがに対して10万円を叩きつけて裁定委員会を招集。
申立て者が不服理由と思いの丈を述べた後、採決が淡々と裁定理由を説明し、最後に岡部がJRAにお墨付きを与えるのが不服申立て。


まぁ、委員会は非公開なので実際にどのような形で行われているかはわからないが、そんなに突飛なことはしていないだろう。
ちなみに、非公開なのを問題視する人もいるが、本気で勝ちに行くならば、他の騎手や陣営を露骨に批判する事にならざるを得ないので、申立者の立場を考えれば非公開の方が互いに都合がよろしいのではないかと思う。

これまで裁定が覆されたことはなく「結局は出来試合だろ?」という声もよく聞くが、個人的には「戦う側も少しは考えろよ」という印象も拭えない。
こういった官僚機構相手の対決は一種の裁判である。
裁判で「不満があります!」「僕だけの責任ではありません!」と主旨だけで覆るならば世に弁護士は必要ない。
戦う側は論点を絞り、「棄却」以外の答えを要求する形にするのが理想だ
「採択・棄却」は相手のリングである。
勝ちにこだわるなら自分のリングに引きずり込まなければならない。
つまり、木村政彦は力道山のリングに上った時点で負けなのである。
グレート小鹿の教えは偉大である。


例えば、中谷のケースならば、横から接触する類似事例は多数あるのだから、それらと比較して、裁量差の決め手となった部分を回答として要求すればいい。中谷は競馬labのコラムで

騎手だって表立って言わないだけで、違う騎手がやった事象がセーフで、自分がやったらアウトなのは何故なのか分からない部分が多々あるのが現状です。

だから何故なのかを知りたかった、でも分からなかった(T T)

という事を書いてるが、それならば具体的な事例を突き出して回答を要求しなければならない。
最低でも「あの日のあのレースはこういった扶助でこういった動きでこういった規模の影響を与えたけど、今回の俺はこういった扶助でこういった動きでこういった影響で、比較すると大体同じように見えるけど違う裁量になったのは何で?」ぐらいの要求は用意しないとだめだろう。
点での戦いではなく線で戦う。官僚機構相手にはこれが基本だ。


とはいうものの、不服申立てから委員会の開催までは1日ほどしか時間がない。
これで情報を集め資料化して、それを武器として使うための作戦を立てる作業を騎手が行うには色々と負担がかかる。
今後、騎手のエージェントはこういった面でもサポートする役目を担う必要性が出てくるだろう。
もしくは、こういった申立てのための弁護士を事前に契約しておく。
そんな騎手が現れてもおかしくないかもしれない。

蛯名正義のオーバーリアクションが好きだ

蛯名正義のオーバーリアクションが好きだ

馬と騎乗者のリズムが崩れた際、不用意に手綱をガツンと引いてしまい、かえって状況が悪化するというのはよくある話。
さすがに競馬のプロ騎手ではそんな事は無い、と言いたいが若干1名手綱をガツンと引いてパニックになるようなお方もいる

寄られた時に焦って手綱をガッツリ引いてバランスを崩してフラフラし事象をややこしくする事を年に数回は見せてくれるこの御方。
危ないと感じる事に否定はしないが、ベテラン感を全く感じさせない対処力はいかがなものだろう。

今回のNHKマイルCで多数の馬が狭くなったのも、蛯名が寄られた後の対処がよろしくなかったのも一因であったと思う。

バランスを崩して外へヨレるような手綱の引き方は、あまり感心しない。
蛯名からすれば、それぐらい危ない状況だったとか主張するかもしれないが、これまでに積み上げてきた印象が邪魔をする。
内の馬が狭くなった事象に関して制裁が飛ばなかったのも、その辺が関係している可能性も無きにしもあらずであろう。


その昔、蛯名スペシャルと揶揄され出遅れを連発していた頃、04年のファルコンSで快速タイキバカラに乗り、例によって出遅れて人気を裏切ったレース後「意図的にゆっくり出した」というコメントを未だに覚えている。
この人の感覚は他の騎手とは違うと思ったものだが、その印象は今でも変わらない。
以前に書いたスリーポイントの乗り方に関しても、この人だけが持っている感性から導かれているものなのだろう。
横山典も独特の感性と評されるが、この人も負けず劣らず・・・、というか個人的には蛯名のほうが感性を評しづらい騎手である。

3歳ダート路線

3歳ダートが好きだ

チョコチョコ作っていたのをGWで一気に仕上げました。

問題の根幹は動画内に譲るとして、少々毒っぽい事をこちらに少し。

動画内では地方頑張れ的な感じでお茶を濁したが、どうやっても小さいコースだけで中央の馬より鍛える事はほぼ不可能な訳で、基本的には撤退戦にしかなりえない。
「古馬の引き受けを拡大するから3歳まではJRAさんでお願いします」と開き直ってしまえばいいのだが、まぁ、出来ない所だろう。

勝ちに行くなら認定厩舎から更に踏み込んで、内厩制という足枷を最初に取っ払うのが理想ではあるが、果たしてその勇気と度量を持った主催者がいるのかどうか・・・

豪腕が好きだ

その1:トントン乗りが好きだ
その2:ムツゴロウさんが好きだ
その3:藤田伸二が好きだ
その4:脚で動かす考え方も好きだ
その5:やきそば乗りが好きだ
その6:鈍い馬が好きだ
その7:蛯名正義が好きだ
その8:幸英明が好きだ
おまけ:豪腕が好きだ(いまここ)

スリーポイント(トントン乗り)に関してなにか書き忘れたことがあるなぁ、というのを今更思い出したので、1節追加してみる。

馬に乗ったことがない、もしくは馬のことをよく分かってない人間を見分けられる言葉の一つに「豪腕」という言葉がある。

武豊「500kgもある身体を人間の腕で動かせるわけ無いでしょ(笑)」

なんて言葉を借りる必要もなく、腕力によって馬が半馬身、1馬身と伸びていくなんて事は無理だ。
安藤勝己や小牧太といった地方騎手が中央に参戦し成績を残し始めた頃「地方騎手の【豪腕】は~」なんて事がよく言われていたが、彼らがJRAの騎手と明確に異なったのは、腕力ではなく長めの鐙でゴリゴリ動かす脚扶助の意識だ。
ところが、馬に乗ったことのない評論家だけでなく、誰とは言わないが本職である元JRA騎手まで「外人騎手の豪腕が~」なんて言う人もいるのだから質が悪い。
馬を抑えるのに腕力と握力は相当に必要だし、そこに違いを見せる外人騎手はいる。ただし、スパートで体を伸長させるのと騎手の腕力は別問題だ。

パイオニアとなった彼らは次第にJRA馬、特に芝のレースではそこまで強い扶助はいらないと次第に鐙を上げてシンプルに乗るようになるのだが、地方の豪腕という人はその辺に関して今も昔も無頓着なのだろう。
地方や外人騎手が最後の勝負所で脚をハンマーのようにブンブン振り回すように脚を入れたり、通常よりも引いて脚を入れてるのに注目してほしい。
そして影響されて真似てるJRAの騎手が多い事は、さらに注目してほしい。その中には形だけ真似てる者もいれば、意図を理解して取り入れてる騎手もいる。

佐藤哲三騎手の「馬を弾く感覚」という表現は、豪腕を駆逐する勢いで広まって然るべきだろう。
馬の頭を下げさせるのも、上から押し付けるのではなく引いた反動で下げさせる方が自然だ。
手綱で力を溜めるのは、自分みたいな下手くそでも意識する馬乗りとしての基本である。
豪腕という言葉を使う人はその理屈を考えてみた方がいい。
彼らは、ファロンのように手綱は引くだけ、脚でガリゴリ馬を動かす究極レベルのおっさんも豪腕と呼ぶのだろうか。


あ、でも評論家の信頼性のわかりやすい指標だから、豪腕って残すべきかもしれない。
馬って人間の腕力でも前に進むんだよ。知らんけど。

月亭可朝が好きだ

月亭可朝が好きだ

「ボインはお父ちゃんのもんとちがうのんやでぇ〜」というフレーズで後々まで評価されてしまうであろうお人。
自分の世代ではコミックソングで売れた全盛期の人気がどれほどの物であったのかよく分からない所であるが、落語の音源は何個か聞いている。
上手い。単純に上手い。
京言葉とは違う、まくし立てる系統の関西弁はどうしても聞きづらい人が多いのだが、この人の喋りは妙に聞きやすく、それだけに江戸弁のようなキップの良さが出てきて実に心地良い。
まぁ、当人はいつものスタイルで高座に上がってきて座布団の上に寝転がって「落語やりたくないねん」から始まって「ホンマにでっせ、もぉホンマにでっせ」だけを繰り返して帰ったとかいう伝説を聞くと、音源に残るような出来は年1,2本ぐらいだったのであろうが、それでも良いものは良い。

youtubeには昔から「住吉駕籠」の音源が上がっていて、それも良いんだけど「算段の平兵衛」の音源は無いかなぁ~、と思っていたら追悼を兼ねて上げてくれる人がいた。
可朝はこれが一番と思う人は他にもおりましたか。
内容だけみれば凄惨な噺なのに、妙にスカッとするのは可朝の口調の良さが為せる技。
月亭可朝、間違いなく名人でございました。

レッスルマニアが好きだ

レッスルマニアが好きだ

18のホーガンvsロックが至高であり最高。
異論は認めない。
但し10のHBKvsレイザー・ラモンでも良し。
あ、29のテイカーvsCMパンクも素晴らしかった。
他には・・・って続けてると話が進まない。

という事で現地日曜、日本時間月曜はレッスルマニア34です。

過去に例のない日本人推しカード。
でも他にもカードは目白押し。
せっかくだから1試合ずつ触れてみよう


■キックオフショーその1 – アンドレ杯バトルロイヤル
ドルフ・ジグラー、マット・ハーディ、etc…

キックオフショーというのは所謂前座。
2014年以降は本線に出れるアングルが組めなかった人たちをここに押し込めるのが通例。
後々を考えればマット・ハーディが残ってる所にブレイ・ワイアットが絡んで来るなんて仕掛けが考えられるけど、キックオフショーは所詮キックオフショーなので、適当にヒース・スレイターでも勝たせればよろしいのではなかろうか。

■キックオフショーその2 – ファビュラス・ムーラ杯女子バトルロイヤル
サッシャ・バンクス、ベイリー、etc…

今年新設された女子バトルロイヤル枠
女子レスラーの草分けファビュラス・ムーラ杯の名前で大々的に立ち上げるも、自分のレスリングアカデミーの女子生徒を男子レスラーに夜のお供として斡旋するとか、ブッキングした女子レスラーのギャラの大半をピンハネしてた等の功績が再評価されて無かったことに。
サッシャ・バンクスとベイリーの無駄に引っ張ってる仲間割れ抗争がここで決着するというのが自然な見方。
でも、決着したと見せかけて、また翌日以降もダラダラ続くと思われるのが最近のWWEスタイル。

■キックオフショーその3 – クルーザー級王座決定トーナメント決勝
セドリック・アレクサンダー vs ムスタファ・アリ

205LIVEのコケてる臭が抜けないのは、スマックダウン終了直後に収録してるから。スマックで燃え尽きた客にもう一度燃えろと言っても、消し炭はそんなに燃えませんので。
試合内容は悪くないと思うんだけどねぇ。単独で興行打てる位の規模にならないと、エンドレステコ入れな状況が続くのではなかろうか。
勝敗はともかく、この試合は間違いなく盛り上がる事必死。でもキックオフショー。
日本人レスラーもこの空気からのし上がるのは大変。戸澤はともかく、小林健太さんの首もそろそろ寒くなってきた。
GTSが解禁されたのに速攻で相手壊して再封印とか、とことん持ってない男である。

■US王座戦 – フェイタル4WAY
ランディ・オートン(C) vs ボビー・ルード vs ジンダー・マハル vs ルセフ”デイィィィィィィィィィィィィ”

ヒールなのかベビーなのか試合中に分からなくなる時がある3人とカナダ産インド人
“グローリアス”ボビー・ルードのベルトをオートンが取って、そこにシン・ブラザーズの親分が絡んできてトリプルスレッドとか言ってたら、なんかタッグマッチでルセフがオートンからピン取って俺も参加させろとか言って4WAY戦。
アングルが雑。でもオートン以外はサマースラムまでこの流れが続きそう。
とりあえず、ルセフに巻かせておくのはいかがだろうか。
取られるまで毎日がルセフデイ。

■IC王座戦 – トリプルスレット
ミズ(C) vs フィン・ベイラー vs セス・ロリンズ

レッスルマニアのメインがミズvsシナという黒歴史、なんて言われようも今や昔。
どんな相手でも試合を作れて、ミストラージというセコンドも育て上げた歴史に残る名大関となりました。何よりもどれだけ負けても格が全く落ちないポジションを築いたのが素晴らしい。
ベイラーもロリンズもユニバーサル王座を争うべき人材だがレッスルマニアはIC王座。
誰が取っても文句は無いけど、ミズに持たせておけば先々まで問題なし。
RAWとスマックでシャッフルするなんて噂があるけど、どんな相手でも、とりあえずの門番としてミズを立たせておけばよろし。

■RAWタッグ王座戦
シェイマス&セザーロ(C) vs ブラウン・ストローマン & X

次期タッグ王座挑戦バトルロイヤルに一人で参戦したストローマンが勝利
でもタッグ王座やん、暴れん坊でボッチのお前にパートナーおるんか、いないやん、どうするねん。という流れ。
色々とコミカル要素が強いけど、ストローマンはベルトに関係なく浮いた人間相手にアングル組ませた方が色々と便利なので、”The Bar”シェイマス&セザーロがXからピンを取る方向で。

■SDタッグ王座戦 – トリプルスレット
ウーソズ(C) vs ニューデイ vs ブラジオン・ブラザーズ

ウーソズとニューデイによる100年抗争に元ワイアットファミリーの棍棒兄弟ブラブラが参戦。
ブラブラの問題は瞬殺のスカッシュマッチを数ヶ月も続けた流れを王座戦のアングルでも続けて異常な強キャラ設定にされてること。
こういうレスラーにベルト持たせると落とし方が難しくなるので、ニューデイに取らせてハッピーエンドにしておきましょ。

■RAW女子王座戦
アレクサ・ブリス(C) vs ナイア・ジャックス

小娘アレクサに良いように使われてたナイアが、実は裏で陰口叩かれてることを知り「おのれアレクサ、許さん」と怒り心頭、というアングル重視の王座戦。
ここは、ナイア姉さんが逃げながらセコンドを利用しつつアレクサを最後に捕まえて戴冠、そしてロンダ・ラウジーとの抗争へ。
アングル重視らしく自然な流れを活かしたい。

■SD女子王座戦
シャーロット・フレアー(C) vs アスカ

RAWがアングル重視なら、SDはスポーツライクな王座戦。
ロイヤルランブルで優勝して「いま一番強いやつとやりてぇ」と大阪のおばちゃんが所属番組の枠を超えて挑戦表明。
WWEの参戦から無敗を続けるアスカだけど、勝ち続けることで存在がアンタッチャブル化。
アスカは悪いレスラーではない、むしろ素晴らしいレスラーではあるけど使いづらい事この上ない。
幸いなことに、ロンダ・ラウジーの登場で止められるレスラーが出てきたものの、その過程までに出てくるレスラーは全て踏み台化。
その中にフレアーの娘まで組み込まれてしまったのはちょいと残念。
見た目も動きも内容もこれまでの女子レスラーとは格が違う存在。女子部門のアイコンになるべきはロンダでもアスカでもなくフレアーだと思うのだけど、今は伏雄の時。

■ タッグマッチ
ダニエル・ブライアン&シェイン・マクマホン vs ケビン・オーエンズ&サミ・ゼイン

みんなのアメリカン・ドラゴンさんが帰ってきたよ。
でも、脳震盪ってアメリカではかなり危険視されてるけど、復帰して大丈夫なのかしら。
KOとサミは負ければ追放。WWEの文脈で言えば、こういう試合は追放される側が負けまへん。
ブライアンの負け方が今後の仕込みに繋がるものなのかが注目点。

■ WWE世界ヘビー級王座戦
AJスタイルズ(C) vs 中邑真輔

ニュージャパンの名勝負をレッスルマニアでもお届け。
中邑の英語はやはり通用してない様子でマイクは少々空振り気味。
なら、黙って試合で魅せたらええねんと。
勝っても負けても、アメドラ・ブライアンが待ってるぞ。

■WWEユニバーサル王座戦
ブロック・レスナー(C) vs. ロマン・レインズ

リメンバー、レッスルマニア20。ノーモア、ゴーバーvsレスナー。
ほんとこれどうすんのよ。
WWEはレインズアンチを転換させる最後のチャンス。
もう既に逸した感が半端ないけど。
何とかしろよ。
どうにかなる気がしないけど。

■ミックスドタッグマッチ
ロンダ・ラウジー&カート・アングル vs ステファニー・マクマホン&トリプルH

全米的には一番の注目カード。総合格闘の枠を超えて一時は女子スポーツ選手の象徴的存在に。
UFC女子部門が興行の柱になるまで成長させたのはこの人のおかげ。
試合内容はどうでもいいじゃない、楽しめよっていうカード。
でも、ロンダが何を決め技にするのかは気になる所。
まさかバックフリップのまま行くのかしら。
気になる人は今からWWEネットワークに加入だ
WWEネットワークは月々9.99ドル
For Just 9.99
今なら30日間の無料視聴期間付きだ!

幸英明が好きだ

その1:トントン乗りが好きだ
その2:ムツゴロウさんが好きだ
その3:藤田伸二が好きだ
その4:脚で動かす考え方も好きだ
その5:やきそば乗りが好きだ
その6:鈍い馬が好きだ
その7:蛯名正義が好きだ
その8:幸英明が好きだ(いまここ)

(さらに…)

蛯名正義が好きだ

その1:トントン乗りが好きだ
その2:ムツゴロウさんが好きだ
その3:藤田伸二が好きだ
その4:脚で動かす考え方も好きだ
その5:やきそば乗りが好きだ
その6:鈍い馬が好きだ
その7:蛯名正義が好きだ(いまここ)
その8:幸英明が好きだ


スリーポイント騎乗をしている騎手の代表格として名前が上がるのがこの方。
元々関東のリーディングを独走していた時期もあるトップジョッキーが、2012年の中頃から屈伸しながら追い始めたのだから、そら、みんな驚く。
ところが、彼のスリーポイントは他の人と何かが違う。
現在では色々と変わっている所も多いが、抜き出しやすかった2014年の騎乗を見てみよう

比較として同時期の川田も見てみよう

一番注目してほしいのは屈伸する時の脚の使い方。
川田は重心を下げた時に膝を外に出してガニ股になりながら脚をねじ込むように入れているが、蛯名は脚を強く使うような意識があまり見えない。
脚を入れるべきタイミングで逆にふらつくように見えるのは、どこに力を入れようとしているのか。
くるぶしで入れる感覚なのかもしれないが、それなら鐙を下げるべきだろう。これでは自分の体が楽なだけで、扶助で促すこともできずに走りを邪魔しているだけだ。
現在では踵を引いて使っているが、それでも脚に対する意識が強くなっているとは思えない。
おそらく、蛯名がスリーポイントの乗り方に求めたメリットは別のところにあるのだろう。
それは何なのか。
私にはわからない。


雑誌で書かれていたような背中のツボとかいう訳のわからない説を本気で信じていたのか、はたまたブランコに乗る要領で重心移動だったのだろうか。
自分よりはるかに上手い人から「腰の使い方を見ると騎座を使いたかったのだろう」という意見を聞いたが、それはモンキーでも使えたとも思うし、少し腑に落ちない。
仕方ないので、馬術稽古ブログの人に質問を投げてみたら
「見よう見まねで真似ただけだから中身がないのでしょう」
と一刀両断の回答。

結局、馬の生理に基づいた技術や理論が乏しいのだろうという、というこのシリーズの最初に書いた見解に戻ってくる。
それは生産界に留まらず、JRAのトップジョッキーにおいてもそういったレベルの人間がいる、という事である。

鈍い馬が好きだ

その1:トントン乗りが好きだ
その2:ムツゴロウさんが好きだ
その3:藤田伸二が好きだ
その4:脚で動かす考え方も好きだ
その5:やきそば乗りが好きだ
その6:鈍い馬が好きだ(いまここ)
その7:蛯名正義が好きだ
その8:幸英明が好きだ

(さらに…)

やきそば乗りが好きだ

その1:トントン乗りが好きだ
その2:ムツゴロウさんが好きだ
その3:藤田伸二が好きだ
その4:脚で動かす考え方も好きだ
その5:やきそば乗りが好きだ(いまここ)
その6:鈍い馬が好きだ
その7:蛯名正義が好きだ
その8:幸英明が好きだ


さて、やっとこさ本題。トントン乗りとも焼きそば乗りとか言われてるけど、このエントリーでは「スリーポイント」で統一するのでそこの所よろしく。

自分が思うスリーポイント騎乗のメリットは

・脚扶助を強く使うことができる

・脚扶助を使う時に体が楽

デメリットは

・それ以外全部

実に雑。


スリーポイントのメリットを簡単な脚扶助のシミュレーションで体感してみよう

クッションサイズのダンボール箱(無ければクッションでもいいけど)を馬体に見立てて足で挟み、ジョッキーになった気分でモンキーの姿勢を取り、ダンボールをカカトで押しつぶすように力を入れたり抜いたりを繰り返してみよう。

この時注意するのは、腰の位置を一定に収めること。
30秒も続けていれば下半身と共に腰がしんどくなり。
15分もやってると腰が真っ二つに裂ける感覚が襲ってくるだろう
これ、マジで腰をやらかす可能性もあるので注意である
最初に書いとけ。

続いて、同じようにダンボールを足で挟み、今度は川田騎手のように、膝を屈伸させながらカカトで押しつぶすように力を入れてみよう。
腰を落とす時に力を入れるのがコツだ。

先程より遥かに腰が楽で、より強くダンボールを押しつぶせるはずだ。

スリーポイントなら、体(特に腰)が楽で強い脚扶助を使える
これこそが、この乗り方の最大の長所であり唯一に近いメリットだと思う。
さらに、膝をがに股になるように外へ張り出すと、より楽に強く力を伝えられる。
がに股で追う騎手の意味もこれでわかってもらえるだろう。


君は「30分間ツーポイント姿勢で速歩の歩度を伸ばせ」というレッスンを受けた事があるか。

班騎乗(下手組)で同じレッスンを受けた全員が、騎乗後、腰を抑えて悶絶したという。
いや、マジで一番身体的にきつかった。
後半なんて腰が真っ二つに裂けるような感覚を味わった記憶がある。
より姿勢のきついモンキーなんて想像したくもない。
騎手が腰を痛める人が多いのは「腰を高く収めるから」という人がいるが、それに加えて脚を使う動きが腰を痛めるという要素も強い。
上手い人は脚に頼らず合図程度の脚扶助だが、それでも脚を入れない騎手はいない。

スリーポイントは騎手の体にやさしい乗り方なのである。
でも、その一方でデメリットもたくさんある。

まだまだ続く。。。