「 制裁 」一覧

京都2016年1月9日制裁情報

京都1R
騎手:荻野琢真(ドゥドゥドゥ)
制裁:最後の直線コースで外側に斜行したことについて平成28年1月16日から平成28年1月24日まで騎乗停止(実効4日)
原因:直線左ムチを入れながら脚を伸ばした結果徐々に内にヨレた結果、進路をカットされた2番エフハリストが内に大きく寄れて更に内にいた馬の進路が更に狭くなった。
斜行自体は大きなものでも急激なものでも無かったが、被害の大きさと共に、修正動作が殆ど入らなかったのが問題となったか。
多少手綱を外に開いていたようだが、ムチを持ち替えず更に左ムチを入れていたのも印象が悪かった。

パトロール映像

中継映像

騎手:加藤祥太(ショークール)
制裁:最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について戒告
原因:直線残り200mからムチ15連発

京都9R:舞鶴特別
騎手:M.デムーロ(タムロミラクル)
制裁:最後の直線コースで内側に斜行したことについて過怠金10000円
原因:直線入り口で内にヨレて8番サンライズワールドの進路をカット。

20160109京都09

京都11R:淀短距離S
騎手:D.マクドノー(ワキノブレイブ)
制裁:3コーナーで内側に斜行したことについて過怠金10000円
原因:中継画面では詳細不明



中山2016年1月5日制裁情報

中山2R
騎手:津村明秀(マイネルトゥラン)
制裁:最後の直線コースで内側に斜行したことについて戒告
原因:直線入り口、外から脚を伸ばしながら内に切れ込み11番タンサンドールの進路をカットした。
20151226中山02

中山7R
騎手:横山典弘(ドゥラリュール)
制裁:1コーナーで外側に斜行したことについて過怠金30000円
原因:1角で外へ急斜行し、外にいた馬がドミノ式に大きく弾かれた。レース中継画面では馬要因かどうか断定できず、制裁金的にも微妙な感じ。

騎手:西村太一(ポロス)
制裁:最後の直線コースで外側に斜行したことについて過怠金50000円
原因:直線半ばの外に出す動きが大きくなりすぎて16番ブラウンアニマートの進路をカット。修正動作が遅れた分、過怠金も膨れたか。

20151226中山07

中山10R:ジュニアカップ
騎手:C.ルメール(ネバーリグレット)
制裁:2コーナーで十分な間隔がないのに先行馬を追い抜いたことについて戒告
原因:中継画面では詳細不明

中山12R
騎手:柴田大知(ホワイトウインド)
制裁:最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について戒告
原因:直線半ばから十数連発


京都2016年1月5日制裁情報

京都1R
騎手:岩田康誠(クロコダイルロック)
制裁:最後の直線コースで内側に斜行したことについて戒告
原因:左ムチで叩き合い状態の5番トウショウジャイロに寄り掛かるような形になったのが制裁となったか。

京都6R
騎手:藤岡康太(マルカブリスク)
制裁:最後の直線コースで外側に斜行したことについて戒告
原因:中継画面では詳細不明

京都7R
騎手:D.マクドノー(サンマルスカイ)
制裁:4コーナーで内側に斜行したことについて戒告
原因:トモが内に流れたようだが、詳細は不明

京都11R:京都金杯
騎手:S.フォーリー(マーティンボロ)
制裁:最後の直線コースで外側に斜行したことについて戒告
原因:直線入り口で左手前に切り替えたところで外によれて16番トーセンスターダムの進路をカットした





制裁率(2015年)

今年の中央開催も終了したので色々なデータ出していこうかと思います。
まずは、制裁率。
算出方法は制裁回数/騎乗数。騎乗数100回以上の騎手に限定して出しています。

続きを読む


中山2015年12月27日制裁情報

中山5R
騎手:柴田大知(マイネルボルソー)
制裁:最後の直線コースで外側に斜行したことについて過怠金10000円
原因:直線進路を求めて7番マイネルヴェッケンの進路をカットした。


阪神2015年12月27日制裁情報

阪神2R
騎手:藤岡康太(ダノンアローダ)
制裁:向正面での御法(鞭の使用)について過怠金30000円
原因:向正面でムチ15連発

阪神4R
騎手:江田勇亮(ラノララク)
制裁:1周目7号障害を内側に斜飛したことについて戒告
原因:

騎手:森一馬(タガノレイヨネ)
制裁:最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について戒告
原因:レース中継画面では詳細不明